グリーンサイド

船橋カントリー倶楽部のブログです

粋に着崩す

ゴルフ場の名前には、カントリー倶楽部の他に、カンツリー倶楽部、ゴルフ倶楽部、倶楽部がカタカナのクラブ、単にゴルフ場、ゴルフコース、リゾートが付くところもあります。

f:id:funabashicc:20180805062304j:image

海外の"country club"をインスタグラムでフォローしていたら、ゴルフの投稿はほとんど無くて、宿泊施設や結婚式、料理などの投稿ばかりでした。

f:id:funabashicc:20180805062356j:image

もしかしたら、"country club" は"カントリー倶楽部"とは違って、ゴルフ場ではないのかと思います。日本のゴルフ場に、カントリー倶楽部という名前が付けられた歴史は、いつから始まったのでしょうか?

f:id:funabashicc:20180805062422j:image

先日、茨城の海の方のゴルフ場に行きました。ゴルフウェアを着たままフラッと行ってゴルフをして、シャワーを浴びてサッパリして帰って来られる、肩肘の張らないゴルフ場なので、年中伺っています。(電車で行ったら空いてるし楽ちんでした(๑˃̵ᴗ˂̵)

f:id:funabashicc:20180805063023j:image

一方で、近くの"カントリー倶楽部"の新しい会報に、ドレスコードを厳格化する内容の記事を見ました。前はジャケットを持参すればよかったのに、ジャケットを"着用"しなければならなくなったり、長ズボンでも短い靴下はいけない、とかです。それぞれのルールが一歩踏み込んだ内容に変えられていました。(頑張りますね!)

f:id:funabashicc:20180805062650j:image

ジャケットを着て来なかった人が何人いたか、シャツや靴下が決まりと違っていた人が何人いたか、そんな事が会員とゲストに分けられて、表になっていました。ジャケットを忘れてしまった来場者のために、これからは服の貸し出しも始めるのだそうです。(もしかして、有料なんでしょうか💦)

f:id:funabashicc:20180805062719j:image

船橋の皆さまが、これと同じような事を始めようとは、きっと言い出されないと信じて安心しています。同じ事をするにも、本質を分かってするのと、形だけ真似るのとでは、まるで結果が違うからです。"country club"のドレスコードは、"country club"だからこそそのドレスコードで、ゴルフ場に必要なエチケットとは違うと思うのです。

f:id:funabashicc:20180805062800j:image

船橋ドレスコードは、夏場はジャケット不要です。プレー中の靴下は、くるぶしの隠れるものとなっています。くるぶしが一枚布に覆われているだけでも、万が一ぶつけた時に、怪我の程度が少ないです。プレー中はシャツインです。しかしこの酷暑です。タオルをぶら下げるのだけは、傍目にも見苦しいので、お声がけさせていただきますね。

f:id:funabashicc:20180805062834j:image

ゴルフ場はたくさん有りますので、独自の差別化をしています。"country club"っぽいイメージでやりたいところもあるし、スポーツクラブみたいな気軽さで人気のところもあります。それぞれの方がゴルフ場を選ぶ、そういう時代です。

f:id:funabashicc:20180805062913j:image

ゴルフ規則はエチケットから始まります。それぞれの訪問先のゴルフ場で、他の来場者の方々を思い遣ること、がドレスコードの本質です。ルールは人が作るもので、不備がある事が常です。ファッションもマナーも常に変わり続けています。船橋の皆さまにはルールにとらわれず、粋に着崩して欲しいな、と個人的に思います。"一歩先行くゴルフ場"、そんな風に呼ばれたいですね。

f:id:funabashicc:20180805063410j:image

ーーーーーーーーーー

船橋カントリー倶楽部
〒270-1415
千葉県白井市清戸703
tel. 047-497-0236
fax. 047-497-0245

www.funabashicc.com

www.facebook.com/FunabashiCC

ーーーーーーーーーー

電車でゴルフのコツは!

◎クラブを7本に絞る(小型のケース)

◎ウェアーを着ていく(着替えを1組)

◎スパイクレスシューズを履いて行く(プレー前にソールを掃除して芝を保護!)

是非、お試しください♪