グリーンサイド

船橋カントリー倶楽部のブログです

手引きのゴルフ

春から船橋CCに乗用カートが導入されます。本格稼働を待たずに、すでにテスト期間として今日も全組に乗用カートがつきました。

 f:id:funabashicc:20180301211104j:image

火曜日セルフプレーの手引きカートプレーもなくなります。歩きのゴルフを手引きや担ぎで楽しまれていたお客さまからは、寂しいという声も聞こえます。

 f:id:funabashicc:20180301203936j:image

他クラブでは、キャディだけが立ち乗りする電動カートや、アルミ製で軽い手引きのカートを全組に新たに購入した話も聞きました。

 f:id:funabashicc:20180301203959j:image

全部それらを検討した結果、船橋CCは乗用カートの導入を決めた。その決断をひとりのゴルファーとして受け止めました。

 f:id:funabashicc:20180301204011j:image

目の前にゴルフ場がある環境にいますが、気付けばもう3か月以上、船橋CCではゴルフをしていません。個人的には歩き派の方に共感するところが大きく、寂しいというお客さまの声が理解できるだけに心苦しいです。

f:id:funabashicc:20180301204039j:image 

ここで、私自身の立ち位置を改めて申し上げれば、船橋CCの一従業員が私人の立場で書いているのがこのブログです。船橋CCに配慮をしつつも、誰かに何かを指示されて公式な見解を示しているわけではなく、ましてや船橋CCの宣伝のためのブログではありません。

 f:id:funabashicc:20180301204059j:image

さて、そんな歩き派の皆さまに、手引きのプレーを楽しめるゴルフコースは、近隣にも意外とあることをご紹介したいのです。

f:id:funabashicc:20180301204144j:image 

まずは、総武カントリークラブの北コースです。船橋CCと同じ富澤誠造の設計したコースで、とても似ています。船橋CCにいるのかと錯覚を起こす事があるくらいです。レストランがなく、ハーフのプレーになりますが、コースの途中にコンビニがあります。慣れた方はそこでおにぎりやパンを買い、プレーの合間に食べています。クラブハウスではパンやインスタント食品も買えますし、お弁当の持ち込みも認められています。

▼総武北コース、こちらが詳しいです▼

https://gridge.info/articles/4908

 f:id:funabashicc:20180301204207j:image

川向こうのニッソーカントリークラブでも、手引きのプレーを楽しめます。昨年の女子クラブ対抗の優勝チームになったくらい、競技志向のゴルファーが集まるクラブです。グリーンのコンディションも素晴らしく、楽しめます。FWを上手く使えないとグリーン手前のクリークに捕まるという面白さもあります。もちろん私はアイアンで刻むのですが…笑。

▼ニッソーカントリー、こちらが詳しいです▼

http://golftaiken.nikkansports.com/2015/07/546.html

 f:id:funabashicc:20180301205016j:image

利根パークゴルフ場も手引きができます。軽量で車輪が大きく、エアロダイナミクスな形状の洒落た手引きカートです。利根パークにはアップダウンがほとんど無く、手引きに向いています。コースは変化に富んでいて、ハーフでも満足感があります。そして、こちらのコースは船橋CCよりも長い歴史のあるコースなのです。確かウサギだかの名前のついた友の会に入ると安くなります。コースの売店では、現金しか使えない点が注意です。私の時にはご配慮いただき、フロントでのチェックアウト時の清算にしてくださいました。そんなプレイヤー視点での臨機応変なサービスからも、何度も通ってしまいたくなります。

▼利根パーク、こちらが詳しいです▼

http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/1061130/032400023/

f:id:funabashicc:20180301205044j:image 

誰もが知っている、千葉市民ゴルフ場も手引きです。利根パークと同じカートです。一人でふらっと行って、組み合わせになった人とラウンドするスタイルです。こちらもコースは変化に富んで楽しいです。ハーフを終わって、シャワーを浴びて、お汁粉を飲んで帰る感じです。アプローチを芝から練習できるので、ラウンド後に練習してから帰る方も多いです。月例のオープンコンペを開催していて、いつか参加させていただきたいです♡

千葉市民ゴルフはこちらが詳しいです▼

http://blog.livedoor.jp/nomtak/archives/51830699.html

 f:id:funabashicc:20180301205312j:image

最後に、これは内緒にしたかったのですが、繰り返し何度も一番たくさん通っているのが、大甕ゴルフ倶楽部です。片道何時間もかけて行きます。茨城県で一番古い、井上誠一設計のコースを再現したというコースです。予約無く伺って、現地でプレー中の方に合流してゴルフをするのです。クラブの委員の方や、近くの名門クラブの方ともご一緒させていただく事もあり、とても勉強になります。このゴルフ場が一番大好きです。帰りには寄り道して、海の幸もいただけます。是非、一度皆さまに行ってみて欲しいです。

▼大甕ゴルフ倶楽部 詳しくはこちら▼

http://oomika-golf.jpn.org/

 

 f:id:funabashicc:20180301205339j:image

今日の午後、船橋CCに新しく入ったカートを、1番から18番まで通して乗ってみました。意外とスピードも速く、プレーにストレスは無さそうでした。そして、今までに気づかなかったコースの傾斜や配置にいくつか気づきました。ゴルフをしながらでないと、相当冷えます。

 f:id:funabashicc:20180301205405j:image

このカート路を船橋CCのコース管理課のスタッフの皆さんが、わずか半年で作り上げたことは素晴らしく、誇りに思います。カート路の隙間も、もうじき芝で覆われる事でしょう。

 f:id:funabashicc:20180301205447j:image

歩きのゴルフ、手引きや担ぎが好きですが、新しい船橋CCの乗用カートのコースも、もう少し様子を見てみようと思いました。期待の蕾が今日チョットだけ膨らんだ、そんな感じです。

f:id:funabashicc:20180301211400j:image

コースには梅の香りがいっぱいです。今日の暖かさで、桜の開花も今月中かもしれません。カートが嫌いな皆さまも、いっぺん試しにいらして欲しいです。

 

(追記)八千代ゴルフクラブは歩けるのだと、お客さまが教えてくださいました。近いし、コースも楽しそう♪ 是非伺いたいです!

▼こちらにも詳しくありました▼

http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20150710/1065587/

ーーーーーーーーーー

船橋カントリー倶楽部⛳️

〒270-1415
千葉県白井市清戸703
tel. 047-497-0236
fax. 047-497-0245


最新情報をお届け中♪

船橋CC Facebookページ:

http://www.facebook.com/FunabashiCC

船橋CC LINE@:

https://line.me/R/ti/p/@funabashicc