グリーンサイド

船橋カントリー倶楽部のブログです

ご当地カントリー倶楽部

9月18日の敬老の日に、毎年恒例の『敬老の日杯』の競技が行われました。年齢区分により3クラスに分かれ、最高齢のクラスでは81歳の方が優勝された他、88歳の方が入賞されました。

 

そんな船橋の会員の皆さまの平均年齢は、68歳8ヶ月でした。この敬老の日杯にエントリー出来る方が、実に会員の過半数、良く調べればきっと3分の2くらいになるかと思います。

 

そんな参加者の皆さまの中には、前日の大雨の中で行われたシニア選手権、グランドシニア選手権の予選にも出場されていらっしゃる方も多数お見かけしました。

 

敬老の日に相応しい、凄い皆さまなのです。

f:id:funabashicc:20170920173130j:image

凄いですね〜〜♪

で終わりにすれば、当たり障りのないブログの一丁上がりです。

 

そんな諸先輩の皆さまを尊敬する気持を持ちつつも、少しの不安を感じるのです。

 

と、申しますのは、そうです、船橋にはあまりにも若いメンバーが少ないのです。

 

50歳台のメンバーは若手、40歳台の方々はチラホラ、30歳台以下の方は数える程、そこから親子二代で会員という方を除き純粋にお一人でメンバーになられた若い方の数は片手にも余る程です。

 

船橋カントリー倶楽部の将来を考えると、もっともっと若い方に興味を持って頂けるように、イメージ改善が必要かもしれません。

 

若くてゴルフが上手くて、これからの船橋を牽引して行かれるに違いないメンバーの方が、1人また1人と船橋から遠ざかってしまわれるとすれば、残念で仕方がないです。

f:id:funabashicc:20170920173445j:image 

古くからある、歴史のある倶楽部の名前は、地名にゴルフ倶楽部やカントリー倶楽部を付けた所が多いです。それを仮に”ご当地カントリー倶楽部”と名付けました。どこにでもあり、若いゴルファーはあまり来ないゴルフ場です。

 

幸いなことには、船橋カントリー倶楽部は、そんな”ご当地カントリー倶楽部”の一群から抜け出せるポテンシャルが極めて高いです。

 

倶楽部を心から愛し、将来を心配してあれこれと個別に提案して下さるメンバーの方々が、本当にたくさんいらっしゃるからです。

 

そういった方々の声にならない声を、お伝えする事もこのブログの趣旨です。

 

船橋カントリー倶楽部が”古くて新しく”カッコいい倶楽部に生まれ変われるように、有志の方々からご提案いただいた事を、これからは少しづつご紹介したいです。

f:id:funabashicc:20170920173543j:image 

 

船橋カントリー倶楽部は『古くて新しくカッコいい倶楽部』に生まれ変わることができるでしょうか?私はできると信じています。 

ーーーーーーーーーー

船橋カントリー倶楽部
〒270-1415
千葉県白井市清戸703
tel. 047-497-0236
fax. 047-497-0245
www.facebook.com/FunabashiCC