グリーンサイド

船橋カントリー倶楽部のブログです

コースガイドを作る その2

コースガイドの話題を先日ブログで取り上げたところ、たくさんの皆さまに売店にお立ち寄りいただきありがとうございます。中には遠方から郵送でお買い求めいただいた方もいらっしゃいました。重ねてありがとうございます。

店頭でも「(前のと今度の)どっちがいいの?」と聞かれる事が多く、反響の大きさに驚いています。
f:id:funabashicc:20170819185214j:image
販売員としては、目の前にある商品をお買い上げいただく事に力を注ぐのが使命なのですが、船橋カントリー倶楽部のFacebookページやこちらのブログをご覧いただいている皆さまだけに、改めてお伝えしたいと思います。

先日のブログで、実はそれをほのめかすことを書いていました。

新しく来たザ・ヤーデージブックは、日本シニアオープンゴルフ選手権の試合で使われる目的で作成されています。競技の当日はBグリーンが使用されます。なので、Aグリーンが”SG”と書かれています。冊子には、Bグリーンまでの距離と傾斜が記載されています。

f:id:funabashicc:20170819185235j:image

勘の良い方は、もうお分かりになられましたね。

元からあるザゴルフメモは、表から開くとAグリーンまでの距離とグリーンの傾斜が、裏から開くとBグリーンまでの距離とグリーンの傾斜が記載されています。

値段は同じです。
f:id:funabashicc:20170819185339j:image
既に100冊も届いているザ・ヤーデージブックをどう捌くかばかりを一時は考えていた私は、危うく間違いを犯すところでした。お客さまを欺くような商売は、長続きはしないのです。

諸事情により、現在、店頭にザゴルフメモは置かれていいないため、これから長く船橋のコースでゴルフをお楽しみになられたいかたは、製作元のザゴルフメモ様から通信販売でザゴルフメモをお求めいただけますと幸いです。
f:id:funabashicc:20170819185417j:image
このザゴルフメモには、いくつかのバージョンがあり、コースのイラストの他に写真で位置を確認できるものもあります。いつの日か、船橋の店頭で写真入りのザゴルフメモを見かけられましたら、「ああ、あの時の!」と思い出して頂けますと嬉しいです。

さて、どちらが良いかのご判断は皆さまにお任せするとして、現実問題として残り90冊余りのザ・ヤーデージブックが残されています。

 

これを気持ち良く皆さまにお買い上げいただく方法はないでしょうか?
f:id:funabashicc:20170819175934j:image
昭和時代のゴルフシーンを色鮮やかに彩ったゴルフの名手の皆さまがお集まりになり、第27回日本シニアオープンゴルフ選手権の決勝への進出を掛けて戦う。その舞台は、日本ゴルフの先駆者であり日本プロゴルフの殿堂入りのレジェンド宮本留吉プロに所縁の深い船橋カントリー倶楽部です。

 

そんな夢の舞台の記念の逸品として、1冊をお求めいただく事もよろしいかと思います。

f:id:funabashicc:20170819185402j:image
このザ・ヤーデージブックに、Aさんや、Kさん、Jさんのサインなどを頂けたら、それは思い出深い宝物になるに違いありません。その可能性がゼロだとは言えないと思います。


船橋カントリー倶楽部での日本シニアオープンゴルフ選手権最終予選会は、8月28日です。

f:id:funabashicc:20170819185622j:image 

皆さま、ザ・ヤーデージブックを片手に、シニアの選手の皆さまを応援いたしましょう!もちろんザゴルフメモでも、全く問題はありません。

 

どちらになさいましょうか?

 お好きな方をお選びくださいませ😉

 

【ザゴルフメモ】はこちらから→

http://www.thegolfmemo.com/

 

【ザ・ヤーデージブック】はこちらから→

http://www.tyb18.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーー
船橋カントリー倶楽部
〒270-1415
千葉県白井市清戸703
tel. 047-497-0236
fax. 047-497-0245
www.facebook.com/FunabashiCC