グリーンサイド

船橋カントリー倶楽部のブログです

コースガイドを作る

船橋カントリー倶楽部に有料のコースガイドを置いたのは2年前です。THEゴルフメモという名で、ジョーエドワーズ様が作成してくださいました。コースを数日掛かりで丹念に計測して出来ました。

 

5番にバンカーを作ったり、ティーを増設したり、木を切ったりと、コースは気づかないうちに変わっています。そのため、バージョン2を半年前に作成して頂きました。
f:id:funabashicc:20170814235708j:image
この度、日本シニアオープンゴルフ選手権の最終予選開催に伴い、新しいコースガイドが来ました。ヤーデージブックと言います。これは、THEゴルフメモよりも長さが短くコンパクトです。中身は似ていますが、Aグリーンが、SGという表記になっている点が、THEゴルフメモと異なります。試合の日にはBグリーンを使用するため、Aグリーンが「目的外のグリーン」として表記されているのだと思います。

サイモンメモ、THEゴルフメモ、ヤーデージブックなどと呼ばれるコースガイドは、実は自分で作れます。昔は、コースを歩測して、手書きで作成したそうです。オールドオーチャードでは、ゴルフ場のスタッフの方が作成した手作りのコースガイドが売店で販売されていました。
f:id:funabashicc:20170814235759j:image
今は、インターネットに情報が溢れています。グーグルマップを利用して、目印となる木やハザードとグリーンとの距離を測り、印刷してオリジナルのコースガイドを作る方法も、ブログに乗っていました。

そんな様々なコースガイドには、少しだけ弱点があります。それは、平面的な情報以外の3次元の情報が苦手だということです。グリーンの傾斜や、コースの高低差は矢印や数値で記載されてはいますが、コースに立ちはだかる木の枝や、フェアウェイのうねりは、やはり実際にコースを体験しなければ分かりません。
f:id:funabashicc:20170814235834j:image
4番のグリーン手前が左に傾斜していて、フェアウェイ左のバンカーの先と池の手前の左の木がグリーンを狙うのに邪魔になる事は、船橋のコースをいつも回っているプレイヤーの方ならば誰もが知っている事ですが、コースガイドには書かれていません。

コースガイドはやはり自分で作るものなのかもしれません。
f:id:funabashicc:20170814235908j:image
実は、先日、船橋の会員の方に、手作りのコースガイドを見せていただく機会がありました。皆さまに紹介したいので、写真を撮らせていただけるようお願いしましたが、叶いませんでした。それは、コースをメモ帳に描き、距離が記載されたものです。フェアウェイとグリーンをそれぞれ別のメモ帳に描き、ブックカバーの左右に挟んでいらっしゃいました。実際にラウンドした時に感じた事を、そのメモ帳に書き込んで行くのだそうです。数々の思い出や“秘策”の込められたオリジナルのコースガイドなので、とても大切にしていらっしゃる様子でした。

こんな自作のコースガイドを、隨縁竹岡のコンペに参加した時にも、同伴者の方がお持ちでした。どこからどのクラブを使ってどこを狙ってという戦略が、ひとホール毎に書かれていました。実は、ラウンドの途中でそのコースガイドをどちらかに無くしてしまわれたらしかった時には、ちょっとした騒ぎでした。カートからマスター室に無線で連絡をしたりと、大変な様子です。すぐにカートの籠に置いたのを、見付けられた時の安堵した表情から、その方がどれだけその自作のコースガイドを大切にされているかが容易に分かりました。
f:id:funabashicc:20170815000036j:image
ちなみに、その方は、その日のコンペで100人近くの参加者の中で、準ベスグロを取りました。

隨縁竹岡のホームページから、コースガイドがダウンロードできるので、私も行く前の日それを印刷して、切り貼りして持っていきました。ゴルフは前の日にも楽しめ、プレーの日も楽しめ、そして帰った後もコースガイドを見返して楽しめるのです。
f:id:funabashicc:20170815000122j:image
それを真似て、船橋のホームページでもコースガイドをダウンロード出来るようにしようと、思ったのが2か月前です。エキストラの仕事なので、なかなか実現しません。(ふらふらして写真を撮ってゴルフをしたり遊んでいてばかりで、何が仕事かよく分からないと思われていますが、身銭を切って時間を費やし、ちゃんと考えて色々とやっています!)

 

さて、思い付きを形にすることが難しいことは、船橋でこれまで何度も経験済みです。このコースガイド、数ホール分まで出来た所ですが、素晴らしい出来です。これを印刷して、皆さまがご自身で自作のコースガイドを作れるようになったら、きっと楽しいでしょうね。
f:id:funabashicc:20170815000151j:image
そんな話は、支配人や事務所の皆さんには共感して貰えないのが常ですが、きっとメンバーの皆さまや、いつも船橋にお越しいただいている皆さまには、きっと喜んでいただけるはずです。きっとを2回繰り返していました。きっときっと、です。

 

これを年末、クリスマス🎄🎅迄に仕上げるのを目標にしましょう。皆さまへのクリスマスプレゼント🎁、ささやかではありますが、楽しみにお待ちください。

 f:id:funabashicc:20170815000238j:image

秋のゴルフシーズンは、もう少しですね。ベスト出ちゃうかもしれませんね。皆さまの良いゴルフをお祈りしております。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

船橋カントリー倶楽部
〒270-1415
千葉県白井市清戸703
tel. 047-497-0236
fax. 047-497-0245
www.facebook.com/FunabashiCC

 

追記: こんな感じです♪

f:id:funabashicc:20170815092606j:image