グリーンサイド

船橋カントリー倶楽部のブログです

ゴルフは競技なのでした

船橋カントリー倶楽部では、四大倶楽部競技の一つである理事長杯の真っ只中です。今日は平日会員の方の平日理事長杯の競技が開催されました。

 f:id:funabashicc:20170511202206j:image

競技に参加される皆さまは真剣そのものです。猛暑の中で27ホールのストロークプレーを終えたばかりの皆さまは、これまでに見たことがない程お疲れのご様子でした。

f:id:funabashicc:20170511202221j:image 

理事長杯の決勝にいたっては、36ホールのマッチプレーで競われます。そこには言葉にならずとも伝わるドラマがあるのです。

f:id:funabashicc:20170511203655j:image

船橋カントリー倶楽部で競技に参加される皆さまの様子を傍らで拝見していて、ゴルフ競技に対する興味は深まるばかりです。そもそも”ゴルフ”とは、贅沢な社交やレクリエーションではなく、競技なのでした。

f:id:funabashicc:20170511202252j:image 

普段、いつも決まったお仲間とラウンドされている会員さまも、競技の時にはいつものお仲間とではなく、別の会員さまとのラウンドを申し込まれます。競技の時には緊張感を持ってプレーをされたいとの理由です。

 f:id:funabashicc:20170511202321j:image

緊張感のあるゴルフを36ホール続けた後には、心身ともに燃え尽きて、”真っ白”になるのでしょう。

f:id:funabashicc:20170512081045p:image

いつの日か、ストロークプレーをマッチプレーのように、そしてマッチプレーストロークプレーのようにプレー出来たらいい、そんなことをいつも考えています。

f:id:funabashicc:20170511202358j:image 

時に気持ちを切り替えて、また時には淡々とコースと向き合うようなプレーです。それはゴルフとは離れた、人生での心の持ちようにも通ずるのでした。

 f:id:funabashicc:20170511202519j:image

今週末の理事長杯本戦、来週の準決勝、再来週の決勝でどんなドラマが見られるか、本当にわくわくします。

f:id:funabashicc:20170511202556j:image 

いつの日か観覧者としてではなく、競技者として”ゴルフ”をプレーしたい、そういつも思うのです。

ーーーーーーーーーー

船橋カントリー倶楽部

〒270-1415

千葉県白井市清戸703

tel. 047-497-0236

fax. 047-497-0245

www.facebook.com/FunabashiCC