グリーンサイド

船橋カントリー倶楽部のブログです

七夕を前に、船橋にて

不確実性の高い世の中では、初めから正解を言い当てるのは難しく、試行錯誤の中で失敗を繰り返し、正解にたどり着きます。その意味で、繰り返す失敗のサイクルを早める事が、正解を見つける近道と言えます。 去年の藤棚はこんなにフサフサとしていました。 …

雨の日のゴルフが好きです

霧雨の日こそ、この時期のゴルフにふさわしいと思います。 コースは静かで色鮮やかです。夕方コースを見に行きました。 雨に濡れながら、球の行方だけを考えてひたすら歩くと、心が安らぐのでした。 グリーンを狙わずに…右の花道に置いて… できるだけ近くに…

柳橋を散策

船橋カントリー倶楽部の山下清画伯タイル画『長岡の花火』に似ている壁画があるらしい、という話を先日のブログに書きました。 それは… … … ありました。 神田川が隅田川に繋がる境目の辺りが柳橋です。川にはたくさんの屋形船が留まり、川沿いには江戸時代…

北海道で思う

今年に入ってから、ゴルフ雑誌で北海道のゴルフ場の紹介を見ることが多くなりました。もしかする北海道のゴルフ場の紹介は前からあり、自分自身のセンサーが最近になって北海道ゴルフに敏感になっていたのかもしれません。そして敏感になり過ぎたセンサーが…

おまけ、山下清、壁画は語る

前回のブログ記事で、壁画の話は一旦お終いにしたはずでした。しかし今日、とんでもない物を発見してしまいました。 実は、山下清のタイル壁画が、さらにもう一点見つかった!(か?)と思える写真を見つけたのです。 それは、浅草橋にあるとあるビルのエン…

続々、山下清、壁画は語る

おとといの横浜マリンタワー、昨日の上牧温泉辰巳館、そして今日改めて船橋カントリー倶楽部の山下清壁画を朝一見に行きました。 船橋カントリー倶楽部の壁画のタイルは他の2つの壁画の半分くらいのサイズで繊細な造りだと改めて気付きました。タイルは他に…

続 山下清、壁画は語る

昨日のブログ記事で、横浜マリンタワーの山下清壁画をご紹介しました。翌日の今日、もう一つの山下清壁画のある上牧温泉辰巳館を訪れました。 場所は月夜野と水上の中間の川のほとりにあります。先々週に”遠征”してきた、日本一美しい村にも選ばれた事のある…

山下清、壁画は語る

印西市に”鑑定団”の撮影が来た時に何度か話題になった、船橋カントリー倶楽部のレストランの山下清の壁画をずっとマーケティングしてきました。 公私にお付き合いの有るたくさんの皆さまからご支援をいただいたおかげで、ゴルフ雑誌の企画に大きく取り上げて…

雨の日は雨ゴルフ

このところ、三回連続の雨ゴルフをプレーしています。内、二回は本降りの雨です。小雨だとまあいいコンディションにさえ感じるから不思議です。今日の船橋カントリー倶楽部も、昨日に続き雨降りでした。 昭和時代には船橋カントリー倶楽部の予約を取るために…

ゴルフは競技なのでした

船橋カントリー倶楽部では、四大倶楽部競技の一つである理事長杯の真っ只中です。今日は平日会員の方の平日理事長杯の競技が開催されました。 競技に参加される皆さまは真剣そのものです。猛暑の中で27ホールのストロークプレーを終えたばかりの皆さまは、こ…

何度も行ってしまうゴルフ場

ゴルフ場には行ったことがあるゴルフ場と、行ったことがないゴルフ場があります。 行ったことがあるゴルフ場には、1度しか行かないゴルフ場と、何度も行ってしまう、行きたくなってしまうゴルフ場があります。 1度行ってもう満足だというゴルフ場と、もう…

ゴルフの本

ゴルフレッスンにまつわる本は次々と出版され、ありとあらゆることが書かれています。みんな本が大好きなのですね。 ゴルフはメンタル、 ゴルフは飛距離、 ゴルフはアプローチ、 ゴルフはパター、 ゴルフはグリップ、 ゴルフは一軸、 … という具合に一言で言…

夙川の鯉のぼり

部屋からはまだまだ満開の八重桜と新緑が、そして周りではもう田植えの準備が始まっているのが見えます。 インフルエンザで三日三晩寝通し熱にうなされ見る夢は、なぜかゴルフの事ばかりでした。峠を越した病床で、ふと思い出しました。2年前の今頃の話です…

さざんか会で初夏のゴルフ

船橋カントリー倶楽部には約20以上のメンバーサークルがあり、活発に活動されています。 その1つがさざんか会です。隔月でゴルフコンペを開催しており、今日はその56回目にご一緒させていただきました。 初夏を思わせる陽気の中、風がコースを吹き抜けてい…