グリーンサイド

船橋カントリー倶楽部のブログです

続々、山下清、壁画は語る

おとといの横浜マリンタワー、昨日の上牧温泉辰巳館、そして今日改めて船橋カントリー倶楽部の山下清壁画を朝一見に行きました。

f:id:funabashicc:20170601192502j:image

船橋カントリー倶楽部の壁画のタイルは他の2つの壁画の半分くらいのサイズで繊細な造りだと改めて気付きました。タイルは他にはない光沢のある物もあります。

 f:id:funabashicc:20170601192535j:image

やっぱり、この花火のタイル画には惹きつけられます。絵は長岡の花火大会の花火を見上げる人達なのですが、この絵を見上げると絵の中に自分も入り込み、一緒に花火を見上げている気持ちになるのです。

 f:id:funabashicc:20170601192556j:image

平和と復興を祈る人達の気持ちに寄り添い、一緒になる事が出来るのがこの壁画の素晴らしさです。

 

そんな花火に酔いしれながら絵を見上げていると、レストランのスタッフから驚きの知らせを聞きました。なんと、壁画が隅から崩れ始めていると言うのです。

 f:id:funabashicc:20170601192625j:image

言われて見ると、確かに右上端のタイルが一部剥げ落ちて無くなっていました。もしかすると、落ちたタイルをゴミと一緒に捨ててしまったのでしょうか。

 

これまでに見て来た船橋カントリー倶楽部の日常から推測すると、そうに違いありません。今まで、”ぶっ壊して捨ててしまいたい”とさえ思われていたこの壁画の文化的価値がやっと認知され始めたところで、壁画が風化にさらされ崩れ落ちてしまったら元も子もありません。

f:id:funabashicc:20170601193814j:image

もし、倶楽部ハウスの建て替えまでそのままにしていたら、この壁画がどんどんと崩れ、日本の山下清の壁画が2つだけになってしまうかもしれません。なんとかしなければと思います。

 

どうすればいいでしょうか?

 

ハウス委員会の皆さまや理事会の皆さまは、この壁画の損傷が進行している事にお気付きでしょうか?

 

白井市文化課の皆さま、山下清財団の皆さまは、この壁画の保全についてどうお考えでしょうか?

 

崩れ落ち始めた壁画の山下清の花火は、消え落ちる花火の姿に、更には船橋カントリー倶楽部の将来にも重なり、行く末を案ずる気持ちがやまないのでした。

 f:id:funabashicc:20170601201531j:image

形あるものはいつかは壊れる。限りある命だからこそ美しい。

f:id:funabashicc:20170601201747j:image

船橋カントリー倶楽部の山下清壁画はこれからどうなるでしょうか。この絵の在るべき相応しい場所が、本当に船橋カントリー倶楽部なのでしょうか。

 

音もなく崩れ落ちる花火は、一層淋しさの感情に訴えるのです。

(ひとまず、完)

ーーーーーーーーーーー

船橋カントリー倶楽部

〒270-1415

千葉県白井市清戸703

tel. 047-497-0236

fax. 047-497-0245

 

 

 

 

続 山下清、壁画は語る

昨日のブログ記事で、横浜マリンタワー山下清壁画をご紹介しました。翌日の今日、もう一つの山下清壁画のある上牧温泉辰巳館を訪れました。

f:id:funabashicc:20170531193109j:image 

場所は月夜野と水上の中間の川のほとりにあります。先々週に”遠征”してきた、日本一美しい村にも選ばれた事のある栃木県の馬頭温泉にとても雰囲気が似ていました。

f:id:funabashicc:20170531193523j:image

明日は仕事のため、日帰り入浴で絵を見られたらそれでいい、話の流れでお願い出来そうならば写真を撮らせて貰いたいくらいにしか考えていなかったので、特にお約束もせずに直接伺いました。

 

高速を降りて数分、脇道を川に向かって降りていき、橋を渡った直ぐの川沿いに辰巳館はありました。車を駐車場に停め玄関に向かいますと…

 f:id:funabashicc:20170531193602j:image

何と言うことでしょう。お休みの貼り紙が目に入りました。

 f:id:funabashicc:20170531193434j:image

高速を乗り継いで3時間もかけて来たので、ここは腹をくくって玄関からフロントに向かいました。

 

ちょうどフロントにいたスタッフらしき方に、お風呂だけ利用させていただけないかと聞くと、改修中で昨日と今日はお休みなので、明日以降ならば大丈夫とのことです。

f:id:funabashicc:20170531193651j:image 

山下清の絵を見たくて、こちらを訪問した事を伝えると、『原画をお見せしましょうか?』と中に入り直ぐに、額装されたあのお風呂の壁画の原画を持って来てくれました。

 

これまでに画集などでしか見た事がなかった山下清の貼り絵の原画は、想像していたよりもずっと小さく、両手で楽に持てるサイズでした。タイル画の元になった貼り絵の元になった”元の元”の絵なのか、貼り絵は無くて原画からタイル画を作ったのかは分かりませんでしたが、点描の感じからスーラーの絵を思い出しました。

f:id:funabashicc:20170531193711j:image 

ひと折その絵を見せていただいた後で、ダメ元でもう一度、壁画の話を切り出してみました。

 

山下清の壁画が3点あり、辰巳館、横浜マリンタワー船橋カントリー倶楽部に展示されている。自分はその船橋カントリー倶楽部の者で、是非とも辰巳館の壁画を見せて欲しいと言う思いを正直に伝えました。

 f:id:funabashicc:20170531193727j:image

人間万事塞翁が馬と言います。普段ならば宿泊や入浴されているお客さまもいらっしゃるお風呂を、ただ見学させていただく事は叶わなかったかもしれません。ましてや山下清の壁画のある側のお風呂が、たまたま女湯だということもありえます。しかし、今日は休館日のためお客さまは居らず、こころよく壁画に案内してくださいました。

 

銭湯の富士山の壁画と浴槽との位置関係と同じように、バックが山下清の壁画になっているイメージを持っていましたが、実際には浴槽の向こうに洗い場があり、その正面が壁画になっています。

f:id:funabashicc:20170531193805j:image 

前回のブログ記事に、船橋カントリー倶楽部のタイルは陶器だと書きましたが、実際には磁器と書くべきでした。そうすると、横浜マリンタワー、辰巳館、船橋カントリー倶楽部とも『磁器=ガラス』となり素材に違いは無いようでした。

 

辰巳館の壁画は、見ていると本当に楽しい気持ちになりました。横浜マリンタワーの壁画は二枚に分かれていますが、向かって右の絵が同じ雰囲気です。

f:id:funabashicc:20170531194452j:image

船橋カントリー倶楽部の壁画が一番、と昨日は書きましたが、それぞれに良さがあり、一番を謳う事に意味がないと思うようになりました。(横浜マリンタワーさま、辰巳館さま、昨日はごめんなさい(*´-`)

 f:id:funabashicc:20170531193225j:image

辰巳館の壁画のタイルは、船橋の壁画のタイルと同じようにゴツゴツしていて、形もまばらでした。そこが、横浜マリンタワーの壁画との違いです。

 

ザックリとした味のある表面のストラクチャーは、例えるならばクラフト物の量産の陶器に対する作家が練り焼き上げた一点物の器との違いのようです。

f:id:funabashicc:20170531193249j:image

実は、このお風呂の壁画と原画を、写真に撮影させていただきました。しかし今回は、写真をこの場や他所で紹介する事はしないお約束をしています。

 

変わりに、辰巳館さまから、このページの上にある壁画の絵葉書をプレゼントして貰ったのです。

f:id:funabashicc:20170531190839j:image 

昨今の世の中は、何でもインターネットで調べて分かったつもりになってしまう。作品には作品の産まれたその土地の風土や歴史がある。作品にはその作品の在るべき場所が有るに違いないのです。

 

辰巳館の山下清の壁画は、辰巳館を実際に訪れて、川のせせらぎの音やそよ風に揺れる新緑の木漏れ日、温泉の香りなども合わせたその場に溶け込んで”体験”する事が大切なのだ、そんな辰巳館さまの言葉にならないメッセージと受け止めました。

 f:id:funabashicc:20170531193201j:image

明日から6月、鮎釣りが解禁になります。爽やかな川沿いの温泉旅館を再び訪れる日は、そう遠くはないと思うのでした。次は必ずゴルフをプレーして帰って来たい、そう誓いました!

山下清、壁画は語る

印西市に”鑑定団”の撮影が来た時に何度か話題になった、船橋カントリー倶楽部のレストランの山下清の壁画をずっとマーケティングしてきました。

f:id:funabashicc:20170530225332j:image

公私にお付き合いの有るたくさんの皆さまからご支援をいただいたおかげで、ゴルフ雑誌の企画に大きく取り上げていただいたりと、あのタイル画が多くの方の目に触れることになり、大変嬉しく思っています。この場をお借りし、心よりお礼申し上げます。

f:id:funabashicc:20170530224618j:image

さて、山下清画伯が残した壁画で、分かっている物が全部で3点有る事は以前にお話ししました。船橋カントリー倶楽部の他に、横浜マリンタワーのホールと群馬の温泉旅館辰巳館のお風呂にあります。

f:id:funabashicc:20170530224615j:image

神奈川方面に”遠征”の帰りに横浜に立ち寄り、改めてその壁画を見て来ました。

 f:id:funabashicc:20170530224703j:image

横浜マリンタワー山下清の壁画は、船橋カントリー倶楽部のタイル画と少し違っていました。

f:id:funabashicc:20170530224840j:image

雑誌の切り抜き記事が展示してあるのを読むと、横浜の壁画は船橋のような陶器のタイルではなく、ガラスのタイルで出来ています。

f:id:funabashicc:20170530225035j:image

山下清画伯が、どちらも良く出来たと言っているのを微笑ましく拝読しました。

 f:id:funabashicc:20170530230401j:image

船橋の壁画の表面がかなりゴツゴツしているのと比較すると、横浜の壁画はだいぶノッペリしていました。

f:id:funabashicc:20170530230405j:image

横から見ると、殆ど凹凸がありません。何と無くですが、船橋の壁画の方が深みが有り趣きがあります。”いい仕事をしてる”感じがありありと伝わって来ます。

f:id:funabashicc:20170530231528j:image

船橋の壁画と横浜の壁画にはどちらも、山下清画伯の最も得意とした『花火』がモチーフとして描かれています。辰巳館の壁画は紅葉の山の風景で、花火はありません。

f:id:funabashicc:20170530231237j:image 

船橋の壁画は、平和と復興を願う『長岡の花火』がモチーフです。横浜の壁画は、『開港100周年記念』に横浜の街が描かれました。

f:id:funabashicc:20170530232134j:image

それらをまとめると、...言ってしまって良いものでしょうか…最も手が込んでいて、山下清らしく、意義深い点で、総合的に考えると船橋カントリー倶楽部の壁画が1番なのでした。(は〜言ってしまった。横浜マリンタワーさま、群馬の辰巳館さま、ごめんなさい(๑˃̵ᴗ˂̵)

f:id:funabashicc:20170530232152j:image

これから船橋カントリー倶楽部の老朽化した倶楽部ハウスが、いつかは建て替えられるでしょう。その時、山下清の壁画はどうなるでしょうか。

f:id:funabashicc:20170530232859j:image

市場が縮小し続けているゴルフ業界の最後のチャンスは、東京オリンピックのゴルフ競技開催です。世界各国から来日されるたくさんの皆さまに、綺麗になったばかりのクラブハウスで、”日本一”の山下清画伯の壁画をご覧いただけることは果たして実現するでしょうか?私はそれを願って止みません。

ーーーーーーーーーーー

船橋カントリー倶楽部

〒270-1415

千葉県白井市清戸703

tel. 047-497-0236

fax. 047-497-0245

 

広告を非表示にする

雨の日は雨ゴルフ

このところ、三回連続の雨ゴルフをプレーしています。内、二回は本降りの雨です。小雨だとまあいいコンディションにさえ感じるから不思議です。今日の船橋カントリー倶楽部も、昨日に続き雨降りでした。

f:id:funabashicc:20170526184820j:image

昭和時代には船橋カントリー倶楽部の予約を取るために、予約受付開始日の早朝には、たくさんのお客さまがオープン前の玄関にお並びになられたそうです。中にはアルバイトの人を雇って、列に並ぶ方もいらしたそうです。ゴルフ場の予約は本当に取りにくく、せっかく取れた予約を雨降りが理由でキャンセルする人はいませんでした。

 

そんな昭和時代の先輩に言われたのは、ゴルフは自然の中でするスポーツなので、真のゴルファーは雨でもゴルフをやめないということです。お世話になっているプロにも、雨の日にもゴルフ場に行くようにと教わりました。ゴルフ場の現地に到着して雨の状況を見て、同伴者の皆さまと相談してからプレーを取りやめるかどうかを決めるのが正しいマナーなのだと言うのです。

f:id:funabashicc:20170526184814j:image 

雨の日のゴルフ場に着くと、レストランで熱い珈琲をいただきながら、コースの美しい雨の景色を眺めるのです。その日初めてお会いする見知らぬゴルファーの方とも、雨の行方について2、3言葉を交わす事も、また雨の日の楽しみなのでした。

 

おとといの事です。船橋カントリー倶楽部で、一本の電話を受けました。ゴルフ場でプレーをしなくてもレストランだけは利用出来るのかというご質問です。

 f:id:funabashicc:20170526190021j:image

詳しく聞けば、雨降りが見込まれるけれど、せっかくなのでゴルフ場に行ってから皆んなで決めようと思うのだということでした。

 

そのような、古き佳き昭和のゴルフ文化と価値観を共有出来た事がとても嬉しく、この仕事をしていて良かったと思うのです。

 f:id:funabashicc:20170526190052j:image

これから梅雨の季節になります。雨が降る日も多いでしょう。船橋にゲストとしてお迎えしたお客さまで、雨の日にお越しになられた方々の沢山のお顔を思い出します。皆さま笑顔の大変素敵な”真のゴルファー”なのでした。

 

覚悟を決める、濡れる覚悟を決めて、コースに出る。雨の日にゴルフをやめてしまうのは、人生の楽しみの半分を捨ててしまうようなものです(…とか、言い過ぎでしょうかね)。

 f:id:funabashicc:20170526190042j:image

静かな雨ゴルフ。梅雨の季節にも、皆さま是非ゴルフをプレーしましょう!

ーーーーーーーーーーーー 

船橋カントリー倶楽部

〒270-1415

千葉県白井市清戸703

tel. 047-497-0236

fax. 047-497-0245

広告を非表示にする

ゴルフは競技なのでした

船橋カントリー倶楽部では、四大倶楽部競技の一つである理事長杯の真っ只中です。今日は平日会員の方の平日理事長杯の競技が開催されました。

 f:id:funabashicc:20170511202206j:image

競技に参加される皆さまは真剣そのものです。猛暑の中で27ホールのストロークプレーを終えたばかりの皆さまは、これまでに見たことがない程お疲れのご様子でした。

f:id:funabashicc:20170511202221j:image 

理事長杯の決勝にいたっては、36ホールのマッチプレーで競われます。そこには言葉にならずとも伝わるドラマがあるのです。

f:id:funabashicc:20170511203655j:image

船橋カントリー倶楽部で競技に参加される皆さまの様子を傍らで拝見していて、ゴルフ競技に対する興味は深まるばかりです。そもそも”ゴルフ”とは、贅沢な社交やレクリエーションではなく、競技なのでした。

f:id:funabashicc:20170511202252j:image 

普段、いつも決まったお仲間とラウンドされている会員さまも、競技の時にはいつものお仲間とではなく、別の会員さまとのラウンドを申し込まれます。競技の時には緊張感を持ってプレーをされたいとの理由です。

 f:id:funabashicc:20170511202321j:image

緊張感のあるゴルフを36ホール続けた後には、心身ともに燃え尽きて、”真っ白”になるのでしょう。

f:id:funabashicc:20170512081045p:image

いつの日か、ストロークプレーをマッチプレーのように、そしてマッチプレーストロークプレーのようにプレー出来たらいい、そんなことをいつも考えています。

f:id:funabashicc:20170511202358j:image 

時に気持ちを切り替えて、また時には淡々とコースと向き合うようなプレーです。それはゴルフとは離れた、人生での心の持ちようにも通ずるのでした。

 f:id:funabashicc:20170511202519j:image

今週末の理事長杯本戦、来週の準決勝、再来週の決勝でどんなドラマが見られるか、本当にわくわくします。

f:id:funabashicc:20170511202556j:image 

いつの日か観覧者としてではなく、競技者として”ゴルフ”をプレーしたい、そういつも思うのです。

ーーーーーーーーーー

船橋カントリー倶楽部

〒270-1415

千葉県白井市清戸703

tel. 047-497-0236

fax. 047-497-0245

www.facebook.com/FunabashiCC

 

何度も行ってしまうゴルフ場

ゴルフ場には行ったことがあるゴルフ場と、行ったことがないゴルフ場があります。

 f:id:funabashicc:20170507070610j:image

行ったことがあるゴルフ場には、1度しか行かないゴルフ場と、何度も行ってしまう、行きたくなってしまうゴルフ場があります。

 f:id:funabashicc:20170507070653j:image

1度行ってもう満足だというゴルフ場と、もう2度と行きたくないなというゴルフ場もありました。

 f:id:funabashicc:20170507070721j:image

昨年度、繰り返し通ったコースは二ヶ所あります。どちらも1度行ってから翌週また行ってしまいました。

 f:id:funabashicc:20170507070731j:image

また行きたくなるゴルフ場は、まずコースが楽しいです。どのクラブを使ってどこを狙おうかと考えさせます。

 f:id:funabashicc:20170507070813j:image

そしてコースが変化に富んでいます。ホール毎に違う景色が広がって、次々に新鮮な気持ちになります。

 f:id:funabashicc:20170507071102j:image

そして、そんなコースには決まっていいお客さまが集まっているのだと思いました。

 f:id:funabashicc:20170507070951j:image

ゴルフを楽しむのですが、ゴルフ場の雰囲気も含めて全部なので、スタッフはもちろんのこと、雰囲気を壊す人がいないことも大切です。

 

船橋はどうでしょうか。

f:id:funabashicc:20170507071328j:image 

何度も繰り返し挑戦したいコースであることは確かです。気付きにくいハザードがコースを埋め尽くしているため、なかなかスコアが縮まないのでした。

 f:id:funabashicc:20170507070819j:image

お越しになられたプロや、インターネットのクチコミに、本当に良くコースをご覧になられているな〜と思うコメントを拝見すると嬉しくなります。

 f:id:funabashicc:20170507071201j:image

そんな皆さまに、繰り返し繰り返し挑戦していただきたい。

f:id:funabashicc:20170507070449j:image 

来週は、また、そんな何度も繰り返し行きたくなるゴルフ倶楽部を訪問させていただくことにしました。

 

雨でも行きます。当然ですよね!

(次回につづく…(๑˃̵ᴗ˂̵)

ーーーーーーーーーー

船橋カントリー倶楽部

〒270-1415

千葉県白井市清戸703

tel. 047-497-0236

fax. 047-497-0245

www.facebook.com/FunabashiCC

ゴルフの本

ルフレッスンにまつわる本は次々と出版され、ありとあらゆることが書かれています。みんな本が大好きなのですね。

 f:id:funabashicc:20170428122333j:image

 

ゴルフはメンタル、

ゴルフは飛距離、

ゴルフはアプローチ、

ゴルフはパター、

ゴルフはグリップ、

ゴルフは一軸、

という具合に一言で言えるけれど、何通りもあるのがゴルフのようです。

 

そんな中で、最近”これは!”と思って繰り返し読んでいる本があります。久富章嗣さんの『月いちゴルファーが、1年でシングルを目指す方法』です。

 f:id:funabashicc:20170427222814j:image

ショットの練習を重ね、思ったイメージの打球が打てることも増えて来たのに、どうしてかスコアが減らない、と思っていて、この書の方法を試してみています。球を曲げる練習を初めてしました。

 

月いちよりもたくさんゴルフをする環境にいますので、もしかするとプラスハンデにすら到達してしまうかもしれません。

 

同じことが、石井忍プロの『1人でこっそり上手くなる!ゴルフ練習ノート』の前半にも書かれています。もうこれを読んだだけで、シングルに手が届きそうに思えて来るからありがたいです!

 f:id:funabashicc:20170427222933j:image

 

それともう一冊は、『ゴルファーなら知っておきたい「からだ」のこと』です。これは、『運動が苦手だけれど勉強は得意だった』と言う理屈大好きな方に、イチオシのおすすめです。

 

これを読んで、左腕の上腕を外旋させて構えてからミッシェルウィーのイメージでドライバーショットを打ったら、球が右に逸れずに、胸のすくようなフェードボールが打てるようになりました。

 f:id:funabashicc:20170427231121j:image

しかし、打つ前に、左腕の上腕を外旋させるのを忘れてしまうことがあるのと、逆に外旋させる意識が強くなり過ぎてボールがどフックになってしまうことがあります。なので、球が右にも左にも行く可能性を残している点が、現在の課題です。

 

そこで、次に、ガルウェイの『新インナーゴルフ』を読むことにしました。よく伺う、白井小学校前の美味しいラーメン屋さん『一芯』のマスターもいいと言っていました。なのできっと間違いないです。

 f:id:funabashicc:20170427231147j:image

またまた上達が約束された感じです。本を読んだだけで上達ができると考えている訳ではなく、本を読んでから練習に取り入れようとしています。

 

それを見て笑う人も多いですが、全く気になりません。目的を持って、自分なりの方法で思うように取り組んでいることが楽しいからです。

 

1年でシングルにどれくらい近付けるでしょうか。本当に楽しみですね。人生もゴルフも楽しんだもの勝ちなのです。

-----------

船橋カントリー倶楽部

〒270-1415

千葉県白井市清戸703

tel. 047-497-0236

fax. 047-497-0245

www.facebook.com/FunabashiCC

広告を非表示にする