グリーンサイド

船橋カントリー倶楽部のブログです

最後の生花

船橋カントリー倶楽部のレストランに活けられ、長年にわたり倶楽部に彩りを添え続けてきた花瓶の生花が、無くなりました。訳あって生花店さまが店をたたむことにされたそうなのです。生花の花瓶があった場所に、今は鉢植えの蘭が置かれています。

f:id:funabashicc:20180612122614j:image

最後の生花のアレンジが、何の花だったか覚えておいででしょうか?恐らく、思い出せない方が大半だと思います。

f:id:funabashicc:20180612122655j:image

ご縁をいただき、日本中のたくさんのゴルフ場を訪問させていただく中で、倶楽部を見る自分なりの指標らしきものが出来ました。生花のあるなしは、とても大切です。それがレストランの生ビールに現れると言う人もいます。そこに倶楽部がお客さまをおもてなししようという本気の姿勢が現れると思うからです。

f:id:funabashicc:20180612122738j:image

人生には今日明日、何が起こるか分かりません。お仲間の皆さまが、予定をやり繰りしてお集まりになり、時には初めての方とも一緒の時間を過ごす。それが最初で最後になるかもしれない。そんな一期一会のゴルフの場には、生花が欲しいと思うのです。自分の横たわった棺桶を、いっぱいの生花で埋め尽くして欲しいと願う気持ちにも似ています。

f:id:funabashicc:20180612122832j:image

名門と呼んでもらえるゴルフ場は、資金を投入すればすぐにでも作れるのでしょう。しかし長い歴史と伝統に培われ、親しまれる倶楽部を維持し続けることは、難しいことです。

f:id:funabashicc:20180612122918j:image

船橋カントリー倶楽部の最後の生花は、向日葵でした。誰にも気にもとめられず、ただ壁一面に広がって開いた花火に応えるかのように、壁に向かっていっぱいに開いていました。おっ、今日のアレンジは気合いが入っているな、と気付いたのはそれが最後のアレンジだったからかと今は思います。

f:id:funabashicc:20180612123016j:image

船橋の生花が、鉢植えになるか造花になるか、いっそ手間のかからない絵皿か置物にしようか、置き時計ならばスタートの時間が分かる、という風になるのか分かりません。皆さまが、全然お気にとめられない生花が、志のあるどなたかに、また活けられるようになる日を、私は待ち望みます。

f:id:funabashicc:20180612122517j:image

ーーーーーーーーーー

船橋カントリー倶楽部
〒270-1415
千葉県白井市清戸703
tel. 047-497-0236
fax. 047-497-0245

 

コースガイドを作る その4

コースガイドの有る無しは、ゴルフの楽しさを大きく変えます。上手い人は上手い人なりに、そうでない人はそうでないなりにコースの事を知った上で、どうやってパーやボギーを取ろうかと考えるところが楽しいのです。

f:id:funabashicc:20180526112830j:image

これはセルフプレーの時に限らず、キャディ付きプレーの時にも言えます。何でもキャディさんに言われるまま(時には何も言われないまま、笑)ではなくて、自分なりに考えた上で、必要な事をキャディさんに聞きながらプレーするというのがいいのです。

 

今年も、おかげさまで本当にたくさんのゴルフのご縁に恵まれていて、これまでに色々なコースに訪問させていただきました。

f:id:funabashicc:20180526113000j:image

先月伺ったコースでは、スタッフの方が作ったお手製のコースガイドが安価で購入出来ました。各ティーから目印となる地点までの距離が書かれているため、毎回ガイドを開いて確認しながらプレーしました。グリーンまでの距離や、グリーン周りのレイアウトが分かるので、左右や前後のイメージを持ったアプローチも出来ます。ただし、イメージを再現出来るかはどうか、さらにイメージ通りのショットがイメージ通りにグリーンを捉えるかどうかは、また別の問題のようでした。

f:id:funabashicc:20180526113150j:image

ゴールデンウィークに伺ったコースでは、ホールレイアウト図とグリーン傾斜が克明に描かれたコースガイドが無料で配布されていました。お誘いいただいたメンバーの方から、スタート前にそれをいただき、何度も見ながらプレーしました。これは楽しかったですね〜♪

f:id:funabashicc:20180526065042j:image

3月に伺ったコースでは、コースの鳥瞰図と併せて横から見たアップダウンも分かる図入りのカラーのコースガイドを、安価で販売していました。何でもキャディさんに聞いてばかりというのは遠慮もあり、最低の事は自分でしたいので助かります。

f:id:funabashicc:20180526065119j:image

最近伺ったコースは、セルフプレーの無いメンバーシップコースのためコース内のヤード表示がほとんど無く、前がわからないホールもありました。もちろんキャディさんが何でも教えてくれるのですが、ビジュアルでパッと見た方が一目で分かりやすくゴルフの楽しみを邪魔しませんね。

f:id:funabashicc:20180526070503j:image

そんな他クラブ様での自らの経験も踏まえて、船橋CCでも何種類かのコースガイドを置いています。

 

一つは、ザ・ゴルフメモです。写真入りで2分冊になり、両方を揃えると定価は少しだけ上がりました。しかし、たくさんのプレイヤーの皆さまにご利用いただけるよう、今は半額で販売しています。"世界一"お求めやすくなっている、とフェイスブックページでご案内した通りです!これのグリーン部分だけを切り取って冊子にして、お持ちになられているメンバーの方もお見かけしました。真似したいです。

f:id:funabashicc:20180526065250j:image

前に無料で配布されていた簡易版のコースガイドも、まだ少しだけ残っていて、フロントにあります。早い者勝ちです!(これはスキャンコピーした画像をフェイスブックページにも置いています。)

f:id:funabashicc:20180526112704j:image

そして、昨年のクリスマスにホームページからダウンロード出来るようにした、山田プロのコース戦略入りの無料のコースガイドも、たくさんのプレイヤーの皆さまにご利用いただいているのを見かけるようになりました。嬉しいです!

f:id:funabashicc:20180526065348j:image

春からは乗用カートに、iPadのコースナビも付いています。カートからグリーンまでの距離だけでなく、画面に表示されたコースの地点をタッチすると、そこからの距離も表示されるので、お試しください。

f:id:funabashicc:20180526112730j:image

でもです。ここから池の手間までどの位?とか、グリーン奥まで何ヤード?とかの質問は、やっぱりキャディさんに聞くのが一番早くて正解でいいです。今年の新人キャディの皆さんは、それまでの先輩とは違い、最初から乗用カートプレーで研修しています。カート操作と進行の補助が大変かと思いますが、先輩のように距離や傾斜もアドバイス出来るように早くなって欲しいです。

f:id:funabashicc:20180526113311j:image

そんな船橋CCで、今年も日本シニアオープンゴルフ選手権大会の最終予選会が来月開催されます。去年販売していた、シニアオープン専用のヤーデージブックが、またやってきます。去年のがBグリーン、今年がAグリーンなので、両方をお持ちになると万全です。

 

選手以外の一般のお客さまにもお求めいただけます。

f:id:funabashicc:20180526113418j:image

コースガイドを持って、コースに出て見てください。見ている暇がないかもしれません。でも気分が違います!そんな違いもお感じになりながら、繰り返しコースに挑戦する楽しさを、全てのプレイヤーの皆さまにお届けしたいです。

ーーーーーーーーーー

船橋カントリー倶楽部
〒270-1415
千葉県白井市清戸703
tel. 047-497-0236
fax. 047-497-0245
www.facebook.com/FunabashiCC

レッスン⑨

GW2日目は、そよ風がいい感じでした。1月から始めた北山プロとのレッスンは、途中のお休み期間を除いて3カ月となりました。

f:id:funabashicc:20180430035727j:image

その間に、こっそりラウンドを何度か繰り返していますが、中々スコアには結びつきません。スイングが上達するのとスコアが出るのとに、タイムラグが有るのだと思います。練習のスイングをラウンドで再現できるようになるまでの時間が、きっと今なんだと思うのです。

 

今日の練習開始前と練習終了後は、満月が目の前に綺麗でした🌕

f:id:funabashicc:20180430035906j:image

毎回レッスンの最後に動画撮影をしています。それを、前回のスイングと並べて、違いを先生が説明しながら見せてくれるのです。上達した成果を実感します。

 

今日は右手のグリップを緩く、ドアノブを内側にひねるようにテイクバックからトップ、切り返しの始動で一旦グリップエンドを球に向け、クラブを寝かせて身体の近くからプレーンに沿って加速、インパクトから右腕を伸ばして、前傾を保ったまま、頭と腕が引っ張り合う、そんなイメージです。

f:id:funabashicc:20180430040142j:image

きっと皆さま一度はどこかで聞いた事があるフレーズの集まりかと思いますが、言葉のフレーズを頭でイメージして身体で表現するためには、誰かの手助けが必要です。色々なドリルでそれを理解させてくれる引き出しの多さは、流石プロなんだなぁと感心しながら楽しくレッスンを受けています。

 

あとは本番で"本当の実力"を発揮すること、そこが課題です。シーズン中にはラウンドが続くので、 楽しみですね。ハーフコンペにも、タイミングが合えばご一緒させて頂こうと思います。

f:id:funabashicc:20180430222855j:image

以上が、経過報告です。5月もレッスンが続きます!

ーーーーーーーーーーーー
船橋カントリー倶楽部⛳️
〒270-1415
千葉県白井市清戸703
tel. 047-497-0236
fax. 047-497-0245

最新情報をお届け中♪
船橋CC Facebookページ:
http://www.facebook.com/FunabashiCC

船橋CC LINE@:
https://line.me/R/ti/p/@funabashicc

白百合の季節

船橋カントリー倶楽部の象徴のような白百合は、このブログやフェイスブックのバナー画像にもなっています。

f:id:funabashicc:20180428184440j:image

創業56年を迎えた船橋カントリー倶楽部で最も古くから続いているメンバーサークルの一つで、女性の方達だけで作られているのが『白百合会』です。その白百合会が50周年を記念して植樹したのが、このカサブランカでした。

f:id:funabashicc:20180428184935j:image

乗用カート道路の工事により、船橋カントリー倶楽部にあったたくさんの木々が伐採され、引き抜かれ、捨てられました。クラブハウス脇のメタセコイア辛夷や柘榴、4番の木蓮、他にもです。木を移設するのは木を買うくらい高いのだそうです。林間コースでたくさんある木の一本や二本、なんて事はないのだと聞きました。メンドーだから切ってしまえ、という事なのでしょう。

f:id:funabashicc:20180428184806j:image

幸い、枝垂れ桜や藤棚は助かりました。このカサブランカや山百合も、引き抜かれてしまったかと思っていましたが、今日、新しい芽が出ていた事に気付きました。今年もスクスクと成長しています。残っていて良かったですね♡

f:id:funabashicc:20180428185437j:image

日本ゴルフの父と言われる大谷光明は、ゴルフコースを作る際に、一本の木も切らせず、全てを移設させたそうです。

f:id:funabashicc:20180428185749j:image

船橋カントリー倶楽部では、"〇〇お手植えの木" のような言われのある木は残りますが、植木屋さんから買ってきた無名の木は、躊躇なく切られます、笑。

f:id:funabashicc:20180428185938j:image

物事の本質を見て理解することは、本当に難しいですね。私自身は、生粋の名門だと信じている船橋カントリー倶楽部に足りないのは、そういう本質を見極めるセンスなんだと感じています。

f:id:funabashicc:20180428190118j:image

己自身を、無名の一本の木に重ね合わせてしまいます。

f:id:funabashicc:20180428190253j:image

なので皆さま、何かの折には船橋カントリー倶楽部に木を寄贈してください。ご成婚、ホールインワン、〇〇周年、何でも構いません。

f:id:funabashicc:20180428190006j:image

今、1番欲しいのは、無くなってしまった木蓮の木です。カート道路脇の目立つところに植えましょう。"〇〇記念"のプレートを誰にでも分かるようにしっかりと付けておきましょうね。

ーーーーーーーーーーーー
船橋カントリー倶楽部⛳️
〒270-1415
千葉県白井市清戸703
tel. 047-497-0236
fax. 047-497-0245

最新情報をお届け中♪
船橋CC Facebookページ:
http://www.facebook.com/FunabashiCC

船橋CC LINE@:
https://line.me/R/ti/p/@funabashicc

 

"目土隊"出動‼︎

3月から導入され、4月から本格稼働された乗用カートが思いのほか大人気です。思いのほかだったのは、私だけでしょうか?

f:id:funabashicc:20180426032208j:image

手押しカートの歩きプレーの元のスタイルの方が昔ながらの雰囲気があり高級感があったとは皆さま仰いますが、それでも乗用カートに慣れると快適なプレースタイルに魅力を感じるのでしょうか。実際、カートに乗って風を受ける気持ち良さは歩きでは感じられません。

f:id:funabashicc:20180426032314j:image

その様な、皆さまに好評の乗用カート導入に伴い、変わった事があります。長年にわたり船橋カントリー倶楽部で毎日お客さまに寄り添って来たキャディスタッフの一部の方々が、キャディを卒業したのです。

f:id:funabashicc:20180426032347j:image

地元にお住まいの古くからのキャディさんは、自動車の運転免許を持たない方もいます。カートプレーになると、キャディさん達の歩行距離は増えるため、仕事量が増えます。これを機に、何十年と勤め上げたキャディの仕事を辞めたいと仰る方々が相次ぎました。

f:id:funabashicc:20180426032426j:image

キャディを卒業したスタッフの方々で、船橋CCに残り続ける選択をした方々が始めたのが『(仮)目土隊』です! 

f:id:funabashicc:20180426032505j:image

乗用カートプレーが始まり、プレーに同行中のキャディさん達が、コースの目土作業を行うことが難しくなって来たため、コースのディポット跡が目立つようになっていました。それを補うために、最終組のお客さまの後について、コースに目土を施す活動を、キャディを卒業して船橋CCに残ったスタッフの皆さんが始めました。"目土隊"という名前を、自ら名付けたようなのです。

f:id:funabashicc:20180426032540j:image

千刈カンツリー倶楽部、神戸ゴルフ倶楽部龍ケ崎カントリー倶楽部同様に、目土をクラブのイメージアップの一環としたいと考えて来たため、"目土隊"ではなくもう少しカッコ良い呼び名にしましょうと相談してみましたが、どうにもその"目土隊"という名前が気に入っているらしく、営業としては困ってしまいました、笑。

f:id:funabashicc:20180426032615j:image

そんな古臭い表現の呼び名の中に、古くからの名門 船橋カントリー倶楽部と、その歴史の言わば生き証人であるご自分達の姿を重ね合わせていらっしゃるのかとも思います。そんなゴルフ場とコースを想い続けるスタッフの気持ちにも、寄り添いたいと思うのでした。

f:id:funabashicc:20180426032641j:image

昨日は朝から雨が続き、お客さまは数組を残してほとんどの皆さまが、プレーをお取り止めになられました。一日をコースの売店で過ごしましたが、お立ち寄りになられたのはたったの1組でした。

f:id:funabashicc:20180426032719j:image

午後から晴れ、午後スループレーのお客さまは気持ちよくプレー出来たようです。その今日最後のお客さまの後について、ブルーのキャディ服に真っ白なスカーフを巻いた目土隊の皆さんの姿を、コースで初めて見かけました。

f:id:funabashicc:20180426033622j:image

嬉しくて、思わず撮ってしまったのが、最初の写真です。色々と課題が多い日々の中で、共感することが多いからかもしれません。"目土隊"にもっとオシャレな呼び名が出来るかどうかは分かりかねますが、そんな風にコースに寄り添い続けるキャディさん達と一緒に、皆さまにもコースの維持管理にご協力頂けますと幸いです。

ーーーーーーーーーーーー
船橋カントリー倶楽部⛳️
〒270-1415
千葉県白井市清戸703
tel. 047-497-0236
fax. 047-497-0245

最新情報をお届け中♪
船橋CC Facebookページ:
http://www.facebook.com/FunabashiCC

船橋CC LINE@:
https://line.me/R/ti/p/@funabashicc

 

初キャディ体験

ゴルフのベストシーズンになりました。週末はお客さまが満員で、キャンセル待ちのメンバーをご案内する事も難しくなってきました。貸切りの日もあり、キャディさん達が休み無く働いています。その穴埋めで、急遽キャディを務める事になりました。もちろんメンバー枠でです。

f:id:funabashicc:20180423061737j:image

いつもキャディの皆さんは、コンペへの参加などに協力してくれています。私一人が一日キャディ業務に協力しても、それ程役に立つとは思えませんが、そこは気持ちの問題です。

 

カートがコースに導入されて、キャディに求められる仕事が変わったようにも感じていました。実際にキャディ業務を体験することで、それが何なのかを考えたいとも思いました。何はともあれ、評論家ではなく実践者でありたいといつも心掛けています。

f:id:funabashicc:20180423061818j:image

華奢なキャディさんが多い船橋で、たぶん最重量キャディの私がまず思ったのは、お弁当を持って行かなきゃ!という事です。昼休みが長いというお客さまからの声をしばしば聞きますが、キャディの休み時間は短いです。実際に、サッとお弁当を食べて、お客さまよりも先にカートにスタンバイするまでの時間は30分ありませんでした。

 

水筒、お茶、クラブ拭きの長いタオル、ボール拭きの小さいタオル、お弁当、サングラスを持ちました。やってみて初めて分かる事が多いです。

f:id:funabashicc:20180423061849j:image

前半、お茶と水を合わせて1リットル程飲み干しホールアウトしました。汗だくです。お昼休みにも水やドリンクを飲み、コースでも水筒に水を継ぎ足しながらです。結構な労働量で、トータルの運動量は自分でラウンドした2ラウンド分くらいはあるでしょうか。これが毎日で、しかも仕事の後でいつもゴルフをしているキャディさん達は、健康そのものなんでしょうね。

 

乗用カートが予想以上に利用されていることも分かりました。フェアウェイから次打地点までの距離が、カートまでの往復距離と変わらなくても、皆さまとにかくカートにお乗りになります、笑。バックティからフロントティまでもカートに乗ります。これには驚きました。

f:id:funabashicc:20180423062031j:image

その分、キャディの歩く距離は手押しカートの何倍にもなっており、クラブの選択を妥協したプレーになってしまうのは、プレイヤーとして先日経験した通りでした。カートにキャディがクラブを取りに行くのを待つよりは、手持ちのクラブで済ませてしまうのが。皆さま同じでした。

 

目土が出来たのは、ショートホールのティーショットだけでした。4人バラバラにコースに散らばった各地点に、次々と向かい目土をして行くことには無理があります。どう考えても、コースの維持のために、プレイヤーの方々に目土を習慣化していただいた方が良いと思います。

f:id:funabashicc:20180423062334j:image


そんな初キャディ業務を、無事完了しました。

 

最初は戸惑いもありましたが、段々とお客さまのゴルフに自分の気持ちを乗せて行けるようになりました。すると実際に自分がプレーしている気分にもなります。しかも4人分です。これは思いの外楽しめました!

f:id:funabashicc:20180423070554j:image

距離はヤード杭とスプリンクラーくらいしか分からず、ナビやゴルフメモを見る余裕もない。グリーンでは、ウェッジとパターを交換して球を拭くのが精一杯。プレイヤーとしてゴルフをしている時には、普通にキャディさんがしてくれていたので気付きませんでしたが、いつも慌ただしく全体に目配りしなければ出来ないのがキャディの仕事でした。

 

初めてのキャディとしてご一緒させていただきましたメンバーの皆さま、色々と現場で教えてくださったキャディのHさん、そしてこの機会を与えてくださったいつも暖かい船橋CCの皆さま、 またいつもお世話になっているキャディの皆さんに、改めてお礼申し上げます。

 

いつの日かまたキャディ再デビューを果たす事が出来るでしょうか。その日を楽しみにしています。

ーーーーーーーーーーーー

船橋カントリー倶楽部⛳️
〒270-1415
千葉県白井市清戸703
tel. 047-497-0236
fax. 047-497-0245

 

最新情報をお届け中♪
船橋CC Facebookページ:
http://www.facebook.com/FunabashiCC


船橋CC LINE@:
https://line.me/R/ti/p/@funabashicc

レッスン⑧

先日、とある方から、最近ブログでレッスンの話題が出ないけど、どうなってるの?と聞かれました。

f:id:funabashicc:20180422064720j:image

一時、お休みをしていて、4月からまた再開しています。

f:id:funabashicc:20180422064810j:image

再開から2回目。昨日はあまり球は打たずに、『テイクバックの位置にクラブを置いたまま下半身を切り返し、右の懐を広く、身体の近くを遅れてクラブが降りてくる、ボールを体の正面で捉えるイメージ』を繰り返し練習しました。

f:id:funabashicc:20180422064834j:image

分かった!と何度も思うのですが、再現率は中々上がりません。たまーに成功すると、軽〜く球がポ〜ンと上がります。

f:id:funabashicc:20180422064908j:image

更にこれを芝の上、更にラウンド中に再現するのは至難の業ですね。でも練習で球を打つのが楽しくなってきました❣️

f:id:funabashicc:20180422065030j:image

予定の3か月で船橋で90切り、は達成しませんでした。スタート前に、90を切る人はコンスタントに100を切る人だよ、とキャディマスターにたしなめられていました。今ようやくその意味が分かります。

f:id:funabashicc:20180422065118j:image

レッスン中にプロの指導を受けている時のスイングと、芝の上、コース内、プレー中、の違いはなんなんでしょうね?

f:id:funabashicc:20180422065330j:image

とにかく、気持ちよくクラブが振れるようになっている事は確かなので、もう少し頑張ってみようと思います。

f:id:funabashicc:20180422065457j:image

ゴルフに最高のシーズン、このブログ記事の写真は全てこの数日内に撮ったコース内の写真です。いい季節になりました。ゴルフが忙しくなって参りましたが、怪我の無いようにしましょうね。またご報告いたします。

ーーーーーーーーーーーー

船橋カントリー倶楽部⛳️
〒270-1415
千葉県白井市清戸703
tel. 047-497-0236
fax. 047-497-0245

 

最新情報をお届け中♪
船橋CC Facebookページ:
http://www.facebook.com/FunabashiCC
船橋CC LINE@:
https://line.me/R/ti/p/@funabashicc