グリーンサイド

船橋カントリー倶楽部のブログです

レッスン⑧

先日、とある方から、最近ブログでレッスンの話題が出ないけど、どうなってるの?と聞かれました。

f:id:funabashicc:20180422064720j:image

一時、お休みをしていて、4月からまた再開しています。

f:id:funabashicc:20180422064810j:image

再開から2回目。昨日はあまり球は打たずに、『テイクバックの位置にクラブを置いたまま下半身を切り返し、右の懐を広く、身体の近くを遅れてクラブが降りてくる、ボールを体の正面で捉えるイメージ』を繰り返し練習しました。

f:id:funabashicc:20180422064834j:image

分かった!と何度も思うのですが、再現率は中々上がりません。たまーに成功すると、軽〜く球がポ〜ンと上がります。

f:id:funabashicc:20180422064908j:image

更にこれを芝の上、更にラウンド中に再現するのは至難の業ですね。でも練習で球を打つのが楽しくなってきました❣️

f:id:funabashicc:20180422065030j:image

予定の3か月で船橋で90切り、は達成しませんでした。スタート前に、90を切る人はコンスタントに100を切る人だよ、とキャディマスターにたしなめられていました。今ようやくその意味が分かります。

f:id:funabashicc:20180422065118j:image

レッスン中にプロの指導を受けている時のスイングと、芝の上、コース内、プレー中、の違いはなんなんでしょうね?

f:id:funabashicc:20180422065330j:image

とにかく、気持ちよくクラブが振れるようになっている事は確かなので、もう少し頑張ってみようと思います。

f:id:funabashicc:20180422065457j:image

ゴルフに最高のシーズン、このブログ記事の写真は全てこの数日内に撮ったコース内の写真です。いい季節になりました。ゴルフが忙しくなって参りましたが、怪我の無いようにしましょうね。またご報告いたします。

ーーーーーーーーーーーー

船橋カントリー倶楽部⛳️
〒270-1415
千葉県白井市清戸703
tel. 047-497-0236
fax. 047-497-0245

 

最新情報をお届け中♪
船橋CC Facebookページ:
http://www.facebook.com/FunabashiCC
船橋CC LINE@:
https://line.me/R/ti/p/@funabashicc

広告を非表示にする

初カート

船橋CCにカートが導入されてから、お客さまやキャディさんに、様子をうかがって来ました。一番耳にするのは、コースが荒れて来たという事です。困りました。

f:id:funabashicc:20180414211207j:image

先日、4か月振りにコースをラウンドし、実際に初めて乗用カートプレーを体験しました。少々困ったな、と正直思いました。

f:id:funabashicc:20180414211250j:image

まずは、カート導入後も、歩きたい方はこれまで通り歩いてプレー出来る、とお伝えしていましたが、現実にはそれが難しい事です。ティーショットをした後の2打目地点に向かうには、カートの方が断然早く、プレーの進行や同伴者に配慮すると、私だけは歩きますというのが無理でした。諦めて、毎度カートに乗って移動するプレースタイルに自然とせざるを得ないのです。

f:id:funabashicc:20180414211336j:image

次に、クラブの選択にも制約が出てきました。どのクラブで打つかは、距離だけではなく、球のそばでライやプレーの線を最終確認して決めるので、何本か手にしたクラブを直前に変えたいシーンがあります。手押しのカートで近くにキャディさんがいれば、使いたいクラブをその場で選択出来ますが、遠く離れたカートにあるクラブをわざわざキャディさんに持って来てもらうのは時間もかかるため、遠慮してしまいます。手に持っているクラブで済ませてしまうようになってしまいました。

f:id:funabashicc:20180414211410j:image

同じことが、目土にも言えます。これまでは、グリーンから遠いプレイヤーから1人づつそばにキャディさんが来てくれていたので、ショットの後に毎回すぐに目土をしてもらえました。しかし、カートプレーでは、離れたところにキャディさんがいることが多く、現実的には目土をキャディさんに頼むのは難しいとも感じました。

f:id:funabashicc:20180414211444j:image

カート道がフェアウェイの景観を損ねているのは、前から分かっていました。それについては、仕方がありません。自然と視界に入るため、コースに向き合った時のワクワクする高揚感は、やはり取り戻すことが出来ずじまいでした。

f:id:funabashicc:20180414211519j:image

最後に最も残念だったのは、運動量の足りなさです。歩き足りないのか、ラウンド後に力有り余ってしまい、帰り掛けにショートコースのナイターに行きました。健康のために運動を兼ねてゴルフを楽しむ事は出来なくなりました。

f:id:funabashicc:20180414211600j:image

そんな私には残念な事ばかりのカート導入ですが、お客さまには非常に好評です。 4・5月のピークシーズンに空き枠が残っているのは、1日数組残された歩きのメンバー専用枠ばかりです。乗用カートのプレー枠を好まれるお客さまばかりである事に疑いはないです。

f:id:funabashicc:20180414211629j:image

コースの目土については、皆さまのラウンド後に、専門のスタッフがこの4月から行なっています。出来ればプレイヤーの方々にも、クラブと一緒に目土袋を持って球の所に向かうようにしていただけると良いと思います。

f:id:funabashicc:20180414211732j:image

これからは、目土袋とサブバッグがあるとプレーがより快適になり、コース維持にも良いかも知れません。先日、他クラブでゴルフをご一緒させていただいたメンバーの方は、ペットボトルに目砂を入れてサブバッグと一緒に持っていました。口が大きく空いている、ゲータレードのペットボトルのようなのが良さそうです。

f:id:funabashicc:20180414211810j:image

以上が、初カートの感想です。

f:id:funabashicc:20180414211832j:image

八千代ゴルフクラブは、歩きのゴルフだと、お客さまに教えていただきましたので、近く伺いたいと思います。とても楽しみです。

f:id:funabashicc:20180414211903j:image

 

ーーーーーーーーーーーー

船橋カントリー倶楽部⛳️
〒270-1415
千葉県白井市清戸703
tel. 047-497-0236
fax. 047-497-0245

 

最新情報をお届け中♪
船橋CC Facebookページ:
http://www.facebook.com/FunabashiCC
船橋CC LINE@:
https://line.me/R/ti/p/@funabashicc

 

広告を非表示にする

ジュニアゴルファーを見守る

本日4月3日、船橋CCで日本ジュニアゴルフ協会主催のスプリングジュニアゴルフクラシック大会の地区予選が開催されました。これまでに何度か、この大会に参加するジュニアゴルファーを船橋CCでお迎えしています。今日、少し気になる事がありました。
f:id:funabashicc:20180403204100j:image
まず、選手のお子さん達に元気がない事です。試合の当日で緊張されていた事もあるでしょう。しかし、ジュニアゴルフの趣旨からすると、子供であることには関わりなくマナーが大切です。ビジターとして訪問した倶楽部で、しっかりとした挨拶が欲しいと思います。選手のお子様をお連れになる保護者の皆さまの言動を、お子さん達は本当によくご覧になられています。ゴルフ場側のスタッフとしては、そこが少し残念でした。
f:id:funabashicc:20180403204400j:image
もう一つ気になったのは、保護者の方々と選手の皆さんとの関わり方です。選手のお子さん達が自分で出来ることは、出来るだけ自分でするようにしてはいかがでしょうか。選手のお子さんが受付で記帳を済ませるのを少し離れて後ろから見守りながら、保険証のご提示などの分からないことが有ったときだけ手を差し伸べる保護者の方もいらっしゃいました。その一方で、保護者の方が受付の記帳を慌ただしく代筆される横で、「今日一緒の子達の中で一番になればいいよね?」と懇願している選手のお子さんを見て、少しだけ心が痛みました。
f:id:funabashicc:20180403204608j:image
ゴルフは色々な人達と関わりながら、主体的にゲームを自己判断して進める所に特異性があります。社交的で自由な所が、ゴルフの素晴らしさ、楽しさだと思うのです。誰かと競争していいスコアを出して勝つために、他の事は全部親がやるというならば、ゴルフの本質からすると本末転倒だと思います。そのお子さんが、ゴルフを楽しいスポーツだと感じているとは、到底思えないのでした。
f:id:funabashicc:20180403204635j:image
お迎えする側のゴルフ場としては、選手のゴルファーの皆さんがお客さまでもあります。しかし、これからのゴルフを担って行って欲しい皆さんの先輩として、しっかりと“ゴルフ”を受け継いで行って欲しいと心から願いました。

f:id:funabashicc:20180403204520j:image

今日桜咲く中でプレーされたゴルファーの皆さんが、一緒にプレーした皆さんと、来年も再来年もずっと友達でいられるように、これからも見守り続けたい、そう思います。

____________
船橋カントリー倶楽部⛳️

〒270-1415
千葉県白井市清戸703
tel. 047-497-0236
fax. 047-497-0245


最新情報をお届け中♪

船橋CC Facebookページ:

http://www.facebook.com/FunabashiCC

船橋CC LINE@:

https://line.me/R/ti/p/@funabashicc

 

船橋CCのLINE@始まりました!

船橋CCのLINE@が本格稼働しました。スマホ時代になりましたので、旧式のいわゆるガラケーはもちろんのこと、インターネット経由のPCでの閲覧数をも、既にスマートフォンが抜きました。古き佳きカントリー倶楽部だからこそ、新しい事に取り組む必要があります。

 

さて、この色々と便利な船橋CC LINE@の機能をご紹介します。まずはLINEのID検索で『@funabashicc』を検索し、お友達になってください!

f:id:funabashicc:20180322075104p:image

船橋CCのLINE@とお友達になると、今後の特典利用が出来るほか、色々と便利な機能がご利用いただけます。

 

まずはLINEのトーク機能です。画面下のショートカット左上のトーク『プレー日を検索』から、希望のプレー日を送信すると、プレー枠の空き状況が船橋CCの予約システムから検索され、LINEのトークのメッセージに予約可能なプランが帰って来ます。ここで、希望のプランをクリックすると、予約サイトから時間を選び予約が出来ます。

f:id:funabashicc:20180322074353p:image

 

上段真ん中の『簡単プレー検索』では、今週、来週の週末の空き状況が分かります。週末は、ほぼメンバーの方のご予約となりますので、ゲストの方をお連れの際にはこちらが利用できます。

f:id:funabashicc:20180322074448p:image

 

そして、オープンコンペの組み合わせなどに主に使用している『一人予約』も、LINE@から出来ます。右上のボタンがそれです。日にちと時間から空き枠を選び、エントリーが出来ます。

f:id:funabashicc:20180322074526p:image

 

カレンダーを一覧して、プレー日を選ぶことも出来ます。左下のボタンの『カレンダー』がそれです。候補の日にちのプランや空き状況を確かめて、選ぶことが出来ます。

f:id:funabashicc:20180322074552p:image

ここまでお読みになられて、なんだそれならば今までのネット検索と変わりないじゃないか⁈と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、このLINE@はご自分のLINEのIDと船橋CCの予約システムに登録したご自分のIDが連携されているところに最大のメリットがあります。

f:id:funabashicc:20180322074624p:image

下の真ん中にある『マイページ』のボタンから、初回だけ予約システムとのID連携をお済ませください。すると、ご自分の予約状況や組み合わせ、登録情報の閲覧変更が可能になります。

 

LINEのIDと船橋CCのシステムが連携されましたので、近い将来にチェックインを自動で行えるようにと、専門家の方とお話を進めています。

f:id:funabashicc:20180322121340j:image

チェックインのたびに名前や住所を紙に書き、非課税の申請をして、といった手続きが面倒でしたが、LINEのシステムを利用してスマホをかざすだけでそれが出来るようにしようというものです。

 

ここまでが現実の話として進んでいます。その先は、実際に採用されるかどうかは別として、きっと決済までも技術的に可能になるのがそう遠くはないと思われます。

f:id:funabashicc:20180322120048j:image

古き佳きカントリー倶楽部の船橋CCだからこそ、新しい事に取り組む意義がある。そんな気持ちで少しづつ手探りで進めているこのLINE@なので、皆さまにお試しいただきながらより良いツールとして育てて行きたいと思います。いつもながら、皆さまのお力添えをよろしくお願い申し上げます!

____________
船橋カントリー倶楽部⛳️

〒270-1415
千葉県白井市清戸703
tel. 047-497-0236
fax. 047-497-0245


最新情報をお届け中♪

船橋CC Facebookページ:

http://www.facebook.com/FunabashiCC

船橋CC LINE@:

https://line.me/R/ti/p/@funabashicc

 

 

手引きのゴルフ

春から船橋CCに乗用カートが導入されます。本格稼働を待たずに、すでにテスト期間として今日も全組に乗用カートがつきました。

 f:id:funabashicc:20180301211104j:image

火曜日セルフプレーの手引きカートプレーもなくなります。歩きのゴルフを手引きや担ぎで楽しまれていたお客さまからは、寂しいという声も聞こえます。

 f:id:funabashicc:20180301203936j:image

他クラブでは、キャディだけが立ち乗りする電動カートや、アルミ製で軽い手引きのカートを全組に新たに購入した話も聞きました。

 f:id:funabashicc:20180301203959j:image

全部それらを検討した結果、船橋CCは乗用カートの導入を決めた。その決断をひとりのゴルファーとして受け止めました。

 f:id:funabashicc:20180301204011j:image

目の前にゴルフ場がある環境にいますが、気付けばもう3か月以上、船橋CCではゴルフをしていません。個人的には歩き派の方に共感するところが大きく、寂しいというお客さまの声が理解できるだけに心苦しいです。

f:id:funabashicc:20180301204039j:image 

ここで、私自身の立ち位置を改めて申し上げれば、船橋CCの一従業員が私人の立場で書いているのがこのブログです。船橋CCに配慮をしつつも、誰かに何かを指示されて公式な見解を示しているわけではなく、ましてや船橋CCの宣伝のためのブログではありません。

 f:id:funabashicc:20180301204059j:image

さて、そんな歩き派の皆さまに、手引きのプレーを楽しめるゴルフコースは、近隣にも意外とあることをご紹介したいのです。

f:id:funabashicc:20180301204144j:image 

まずは、総武カントリークラブの北コースです。船橋CCと同じ富澤誠造の設計したコースで、とても似ています。船橋CCにいるのかと錯覚を起こす事があるくらいです。レストランがなく、ハーフのプレーになりますが、コースの途中にコンビニがあります。慣れた方はそこでおにぎりやパンを買い、プレーの合間に食べています。クラブハウスではパンやインスタント食品も買えますし、お弁当の持ち込みも認められています。

▼総武北コース、こちらが詳しいです▼

https://gridge.info/articles/4908

 f:id:funabashicc:20180301204207j:image

川向こうのニッソーカントリークラブでも、手引きのプレーを楽しめます。昨年の女子クラブ対抗の優勝チームになったくらい、競技志向のゴルファーが集まるクラブです。グリーンのコンディションも素晴らしく、楽しめます。FWを上手く使えないとグリーン手前のクリークに捕まるという面白さもあります。もちろん私はアイアンで刻むのですが…笑。

▼ニッソーカントリー、こちらが詳しいです▼

http://golftaiken.nikkansports.com/2015/07/546.html

 f:id:funabashicc:20180301205016j:image

利根パークゴルフ場も手引きができます。軽量で車輪が大きく、エアロダイナミクスな形状の洒落た手引きカートです。利根パークにはアップダウンがほとんど無く、手引きに向いています。コースは変化に富んでいて、ハーフでも満足感があります。そして、こちらのコースは船橋CCよりも長い歴史のあるコースなのです。確かウサギだかの名前のついた友の会に入ると安くなります。コースの売店では、現金しか使えない点が注意です。私の時にはご配慮いただき、フロントでのチェックアウト時の清算にしてくださいました。そんなプレイヤー視点での臨機応変なサービスからも、何度も通ってしまいたくなります。

▼利根パーク、こちらが詳しいです▼

http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/1061130/032400023/

f:id:funabashicc:20180301205044j:image 

誰もが知っている、千葉市民ゴルフ場も手引きです。利根パークと同じカートです。一人でふらっと行って、組み合わせになった人とラウンドするスタイルです。こちらもコースは変化に富んで楽しいです。ハーフを終わって、シャワーを浴びて、お汁粉を飲んで帰る感じです。アプローチを芝から練習できるので、ラウンド後に練習してから帰る方も多いです。月例のオープンコンペを開催していて、いつか参加させていただきたいです♡

千葉市民ゴルフはこちらが詳しいです▼

http://blog.livedoor.jp/nomtak/archives/51830699.html

 f:id:funabashicc:20180301205312j:image

最後に、これは内緒にしたかったのですが、繰り返し何度も一番たくさん通っているのが、大甕ゴルフ倶楽部です。片道何時間もかけて行きます。茨城県で一番古い、井上誠一設計のコースを再現したというコースです。予約無く伺って、現地でプレー中の方に合流してゴルフをするのです。クラブの委員の方や、近くの名門クラブの方ともご一緒させていただく事もあり、とても勉強になります。このゴルフ場が一番大好きです。帰りには寄り道して、海の幸もいただけます。是非、一度皆さまに行ってみて欲しいです。

▼大甕ゴルフ倶楽部 詳しくはこちら▼

http://oomika-golf.jpn.org/

 

 f:id:funabashicc:20180301205339j:image

今日の午後、船橋CCに新しく入ったカートを、1番から18番まで通して乗ってみました。意外とスピードも速く、プレーにストレスは無さそうでした。そして、今までに気づかなかったコースの傾斜や配置にいくつか気づきました。ゴルフをしながらでないと、相当冷えます。

 f:id:funabashicc:20180301205405j:image

このカート路を船橋CCのコース管理課のスタッフの皆さんが、わずか半年で作り上げたことは素晴らしく、誇りに思います。カート路の隙間も、もうじき芝で覆われる事でしょう。

 f:id:funabashicc:20180301205447j:image

歩きのゴルフ、手引きや担ぎが好きですが、新しい船橋CCの乗用カートのコースも、もう少し様子を見てみようと思いました。期待の蕾が今日チョットだけ膨らんだ、そんな感じです。

f:id:funabashicc:20180301211400j:image

コースには梅の香りがいっぱいです。今日の暖かさで、桜の開花も今月中かもしれません。カートが嫌いな皆さまも、いっぺん試しにいらして欲しいです。

 

(追記)八千代ゴルフクラブは歩けるのだと、お客さまが教えてくださいました。近いし、コースも楽しそう♪ 是非伺いたいです!

▼こちらにも詳しくありました▼

http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20150710/1065587/

ーーーーーーーーーー

船橋カントリー倶楽部⛳️

〒270-1415
千葉県白井市清戸703
tel. 047-497-0236
fax. 047-497-0245


最新情報をお届け中♪

船橋CC Facebookページ:

http://www.facebook.com/FunabashiCC

船橋CC LINE@:

https://line.me/R/ti/p/@funabashicc

広告を非表示にする

レジェンドのパター

船橋CCのクラブハウスの2階に、宮本留吉プロ所縁のゴルフ用具がショーケースに展示されています。

 f:id:funabashicc:20180222121932j:image

宮本留吉プロは、日本プロゴルフ殿堂に最初に入ったゴルフ界の偉人で、船橋カントリー倶楽部の初代所属プロです。

 f:id:funabashicc:20180222121849j:image

宮本留吉プロのご縁から、神戸ゴルフ倶楽部を訪問させていただいたり、茨木カンツリー倶楽部からのお客様をお迎えしたりという交流もあります。みんな私と同じで、身近なレジェンドの事をもっと知りたいのですね。

 f:id:funabashicc:20180222121952j:image

実は二階に展示されているのとは別の所に、もうずっと長い間レジェンドのパターが何年も前から眠り続けています。

 f:id:funabashicc:20180222122205j:image

この間こっそり、それを初めて開封してみました。箱の中に、幾重にも新聞紙でくるまれた包みを丁寧にめくると、細くて小さくてネックが曲がったカマボコ型の繊細な作りのパターがしまわれていました。オデッセイのを小さくした感じです。

f:id:funabashicc:20180222122041j:image 

グリップを握ってみたら細くて小さくて、私には写真でしか見たことのない宮本留吉プロが思い起され、なんだか胸に込み上げるものがありました。

 f:id:funabashicc:20180222122413j:image

一緒に、ヘッドに金色に名前が刻印されたパーシモンのフェアウェイウッドが入っていました。寄贈してくださった方のお心も察すると、これらを"日の当たる所"に出してあげなければと思います。いつか"鑑定団"にも再チャレンジしなければなりませんね。

 f:id:funabashicc:20180222123001j:image

さて、そんな宮本留吉プロが初代に選ばれた、日本プロゴルフ殿堂入り式典が、3月に開かれます。毎年、ジャパンゴルフフェアの会場で行われるので、来月3月23日から3日間、パシフィコ横浜がその場かと思います。

 f:id:funabashicc:20180222122143j:image

何かのご縁でゴルフ場に来て、そこが宮本留吉プロのゴルフ場だった。そんな巡り合わせに思う所あり、今年は式典に伺わせていただこうと思います。

 f:id:funabashicc:20180222122304j:image

現地で是非お会いしまょう!

ゴルフを愛するたくさんの皆さまとお目にかかるのを、とても楽しみにしております。

ーーーーーーーーーー

船橋カントリー倶楽部⛳️

〒270-1415
千葉県白井市清戸703
tel. 047-497-0236
fax. 047-497-0245


最新情報をお届け中♪

船橋CC Facebookページ:

http://www.facebook.com/FunabashiCC

船橋CC LINE@:

https://line.me/R/ti/p/@funabashicc

 

広告を非表示にする

キャディさんとのゴルフコンペ

先日のキャディさんとのゴルフコンペに参加してくださった皆さま、快く"出場"してくれたキャディの皆さん、大変お疲れさまでした。

 f:id:funabashicc:20180219071919j:image

コンペはいかがでしたでしょうか?きっと初めてお会いした方々とのゴルフは、いつもと勝手が違ったと思います。プレー後にキャディハウスに戻って来たキャディさんがグッタリと疲れていた、と聞きました、笑。

 f:id:funabashicc:20180219072000j:image

また、その一方で、あの後すぐに練習に行ったり、次の日にショートコースに行ったり、楽しかった〜、また出たい!と言うキャディさんの声をたくさん聞きました。

 f:id:funabashicc:20180219072922j:image

そうなのです!いつも決まった人とばかりでなくて、新しい人ともするのがゴルフで、程よい緊張感のあるゴルフから学ぶことはとても多く、人との出逢いから学ぶところが人生にも通じる。ゴルフって素晴らしいと思います。

 f:id:funabashicc:20180219072053j:image

ゴルフ慣れしている方のゴルフは、同伴者に気遣いながらも、ご自分のペースを崩しません。同伴者と競うのではなく、自分の技量の中でコース戦略を考え、実行しているのでしょう。

f:id:funabashicc:20180219072118j:image 

それが、出来ないんですよね〜、笑。

 f:id:funabashicc:20180219072214j:image

今回はキャディさん以外の参加者の方はほぼ皆さま男性で、白ティーから回りました。キャディさんは赤ティーからです。同じティーマークから回ると、打順が変わるため同伴者のスコアを尚更意識させられる楽しみも出てきます。

 f:id:funabashicc:20180219072246j:image

お客さまも、女性やゴルフ初心者のキャディさんに負けられないという気持ちになるに違いありません。キャディさんのゴルフは、飛距離はありませんが曲がらず、コースのハザードやグリーンの傾斜を知り尽くしています。お客さまのゴルフを毎日見ているので、コース戦略の点では利があると思います。

 f:id:funabashicc:20180219072307j:image

ご自分にないものを感じて、そこから学ぶ。そしてゴルフが成長する。そこがコンペに参加する楽しさでもあります。いずれはクラブや公式の競技に参加されたいお気持ちにも近づくのかもしれません。

 f:id:funabashicc:20180219073325j:image

このキャディさんとのゴルフコンペを、次回は7月20日に企画しています。ゴルフが大好き♡なキャディさんがとても多い船橋CCなので、今回出場できなかったキャディさんを次回にまずお誘いしています。今回の"リベンジ"を果たしたいキャディさんもたくさんいるはずです。次回が楽しみですね。

 f:id:funabashicc:20180219072355j:image

この人気企画コンペのご案内を、船橋CCのフェイスブックグループ『船橋ワンハンドレッド倶楽部』にお入りくださっている皆さまに、先行配信しております。特製グッズもプレゼントしています。お一人でお気軽にご参加いただきたいです。

 f:id:funabashicc:20180219073019j:image

楽しそうな皆さまのゴルフの1日を見ていたら、私自身も参加したくなりました。キャディの皆さんに負けたくない気持ちは、お客さまと一緒です。その日を楽しみにしています♪

ーーーーーーーーーー

【お知らせ】

船橋CCインターネット予約から、ゴルフコンペの皆さまを応援する大変お得なプランが出ています!皆さま、是非ご利用ください♪

 f:id:funabashicc:20180219072546j:image

船橋カントリー倶楽部⛳️

〒270-1415
千葉県白井市清戸703
tel. 047-497-0236
fax. 047-497-0245


最新情報をお届け中♪

船橋CC Facebookページ:

http://www.facebook.com/FunabashiCC

船橋CC LINE@:

https://line.me/R/ti/p/@funabashicc